SF(小説、映画、アニメ、漫画)

シアタス調布でブレードランナー2049を4K映像で体験

投稿日:


Blade Runner 2049

本日、シアタス調布の10番スクリーン『ULTIRA』でブレードランナー2049を再び体験した。

別の映画館であるTOHOシネマズ新宿においてMX4DX、IMAX3Dのブレードランナー2049は体験済みである。

今回行ったイオンシネマ シアタス調布は、2017年9月29日にオープンしたばかりの映画館である。

この都内では、高画質かつ大型スクリーン『ULTIRA』を備えている。

都内では最大ではないかと思う。

また、立体音響テクノロジーGDC featuring dts-Xとイオンシネマ独自である4ウェイ立体音響システムULTIRA(ウルティラ)を組み合わせて臨場感を高めているそうだ。

シネマプロジェクタは4K対応である。

もともとブレードランナー2049は、4Kで撮影されているが、通常の映画館では2Kの画質に落とされて上映されている。しかし、シアタス調布の10番スクリーン『ULTIRA』は、4Kで上映されている。

 

映像面でブレードランナー2049を観た感想

ブレードランナー2049の撮影監督であるロジャー・ディーキンスは、通常版2Dワイドスクリーン(※)での鑑賞を推奨している。

※横縦比2:1

「『ブレードランナー2049』は2Dワイドスクリーンで」映像監督が推奨

ロジャー・ディーキンスのコメント

シアタス調布の10番スクリーン『ULTIRA』で上映されたブレードランナー2049は、2Dワイドスクリーンである。

しかも4Kの映像である。

ロジャー・ディーキンスの推奨を満たしつつ、最高の画質で観賞出来るのは、都内ではシアタス調布の10番スクリーン『ULTIRA』のみである。

見えにくい文字などくっきりと見えていた。

それに加えて「GDC featuring dts-X」の音響はとても素晴らしい。

体の芯まで音響が響き渡るような体感である。

今まで観た劇場の中で最もブレードランナー2049を感動的に体験出来たと思う。

特に3Dにこだわりがなければ、一番のおすすめである。

おすすめ記事







-SF(小説、映画、アニメ、漫画)

Copyright© SFと科学とテクノロジーとオモシロイモノ , 2017 AllRights Reserved.