SF(小説、映画、アニメ、漫画)

スターウォーズ エピソード8 /最後のジェダイはどの上映方式で観るべきか?

投稿日:2017年12月4日 更新日:

いよいよ12月15日(金)から「スターウォーズ エピソード8 /最後のジェダイ」の上映が始まる。

TOHOシネマズなどでは、14日(木)に前夜祭特別上映が行われる。

14日(木)~17日(日)については、12月1日に先行販売され、現時点、完売である。


スター・ウォーズ コンプリート・ロケーションズ

スターウォーズ エピソード8 /最後のジェダイは、上映方式は、次の4つがある。

(他にも上映方式がある可能性あり)

IMAX3Dは今回、見送られたとのこと

3Dで鑑賞するためには、現時点MX4DXしか選択肢はない。

通常版(2D) 従来の上映方式で横縦比率が2.4対1
IMAX2D IMAXは、映像、音響、空間、3D、作品の5つの要素をIMAX社のテクノロジーにより最高水準まで高めたもので、2Dタイプのもの。
MX4DX 3D映像に加えて、シート可動、風、水しぶき、香り、煙、風圧、雷、雨、泡、フラッシュなどが体感できるもの。
IMAX次世代レーザー 最新鋭の4Kツインレーザープロジェクターによる驚くほど鮮明な映像で鑑賞できる。この方式で上映できるのは現在のところ「109シネマズ大阪エキスポシティ 」のみ

 

スターウォーズ エピソード8 /最後のジェダイの主要なシーンは超高解像度IMAXカメラで撮影

J・J・エイブラムス監督は、スターウォーズ エピソード8 /最後のジェダイが超高解像度のIMAXカメラで一部の主要なシーンを撮影したとのことである。

ところで、IMAXデジタル、通常のスクリーンでは、本来の映像からトリミングした部分があり、見えない部分があるようである。(下図参照)

トリミングがないのは、IMAX次世代レーザーである。

しかも4Kの高解像度である。

しかし、残念ながら国内でIMAX次世代レーザーがある映画館は、「109シネマズ大阪エキスポシティ」のみである。

大坂近辺の方は、109シネマズ大阪エキスポシティのIMAX次世代レーザーで観るべきであろう。

その他の地域は、IMAX2DまたはMX4DXがおすすめである。

予告編

オススメ!

広告

 

 

おすすめ記事

-SF(小説、映画、アニメ、漫画)

Copyright© SFと科学とテクノロジーとオモシロイモノ , 2019 AllRights Reserved.