VRヘッドセットの違い!比較!オススメ!初心者に分かりやすく解説

SF(小説、映画、アニメ、漫画)

映画「君の膵臓をたべたい」~切ない青春ドラマ

投稿日:

「君の膵臓をたべたい」とは

「君の膵臓をたべたい」はとても切ない青春ドラマであり、住野よるによる初めての小説である。

「膵臓を食べたい」というところから、ホラー小説を連想してしまうが青春ドラマそのものである。

2016年の本屋大賞で第2位を獲得しており、200万部以上売れたベストセラーである。

実写版映画は、2017年7月に公開された。

劇場公開されたとき、話題となっていたことは知っていたが、最近、ようやく映画を観たので感想などを述べたい。

ちなみにアニメは、2018年に公開予定である。

こちらも公開されたら是非、観てみたい。

内容について

主人公は、とある高校の高校教師である。

高校教師である「僕」が高校生だった昔を回顧するところから始まる。

高校生だった「僕」は、病院で偶然、クラスメイトである桜良(さくら)の日記を見てしまい、膵臓の病気で余命僅かであることを知ってしまう。

桜良は、悲壮感など全くなくとても明るい。

「君、本当に死ぬの?」と聞くと、桜良は明るく「死ぬよ」と笑顔で答える。

自分の殻に閉じこもっている「僕」と人気者である桜良とは性格が正反対である。

それにもかかわらず、「僕」と桜良の不思議な関係が続いていく。

ストーリーは、ラストに向かって現在と過去を同時平行で進められていく。

桜良はなぜ、「僕」と不思議な関係を続けるのか?

なお、小説と映画は、若干ストーリーが変わっているようである。

感想

映画版の方であるが、山内桜良役の浜辺美波の笑顔がとても良い。

山内桜良役に浜辺美波を持ってきたのはとても良かったと思う。

余命わずかにもかかわず、とても明るい笑顔の山内桜良役を演じきった。

浜辺美波は、大化けする女優になることは間違いない。

ストーリーは青春物語であるため、最初、青臭く感じると思ったが、決してそんなことはなかった。

大人の「僕」と青年の「僕」の両方を描くことで、大人と青年の両方の視点で観ることが出来る。

女性であれば、山内桜良の視点で観ることもできるであろう。

もちろん私は大人の「僕」の視点で観ている。

青春時代を思い出す、切ない物語として。

エンドロールで流れるMr.Childrenの「himawari」も良かった。

まだ観ていない方は是非、観て欲しいと思う。


君の膵臓をたべたい Blu-ray 通常版

オススメ!


 

おすすめ記事

-SF(小説、映画、アニメ、漫画)

Copyright© SFと科学とテクノロジーとオモシロイモノ , 2019 AllRights Reserved.