「SF(小説、映画、アニメ、漫画)」 一覧

SF映画とクラシック音楽「ソイレントグリーン」【原作ハリイ・ハリスンのSF小説「人間がいっぱい」】

ソイレント・グリーン(Soylent Green)は、1973年に公開されたSF映画である。原作は、ハリイ・ハリスンのSF小説「人間がいっぱい」である。 爆発的な人口増加により資源が枯渇し、緑ある自然 ...

IBMの人工知能 Watson(ワトソン) わかりやすく解説

Watson(ワトソン)とは   IBMが開発したWatson(ワトソン)とは、簡単に言うと人間の言葉を理解し、膨大なデータをもとに求めている答えを検索し導き出すというものである。 Wats ...

SF映画とクラシック音楽「時計じかけのオレンジ」

「時計じかけのオレンジ」は、アンソニー・バージェスの小説(1962年)を原作としてスタンリー・キューブリックにより映画化(1971年)された。時代設定が未来であるため、一応SF映画である。 内容 アレ ...

軌道エレベーター(建設費10兆円)

軌道エレベーターは、宇宙エレベーターとも言う。 地表から静止軌道までの超高層のエレベータである。 ジャックと豆の木に登場する豆の樹のようなものである。 夢のような話であるが、実はカーボンナノチューブを ...

SF映画とクラシック音楽「未来惑星ザルドス」

未来惑星ザルドスは、ショーン・コネリー主演で1974年に公開されたSF映画である。 この映画の前までショーン・コネリーは007シリーズに出ていた。ショーン・コネリーは、他にもアウトランドなどSF映画の ...

SF映画とクラシック音楽「惑星ソラリス」

惑星ソラリスは、1972年に公開された旧ソビエト映画である。 監督は、アンドレイ・タルコフスキーであり、原作はポーランドのSF小説家スタニスワフ・レムの「ソラリスの陽のもとに」である。 映画は、165 ...

SF映画とクラシック音楽「2001年宇宙の旅」

最近の映画はほとんどないが、昔のSF映画ではよくクラシック音楽が使われていた。 そのひとつが「2001年宇宙の旅」である。 SF映画の金字塔である。名作中の名作である。 1968年の作品であるが今観て ...

深宇宙から「強い信号」 知的文明の可能性

ロシアの電波望遠鏡が、「強い信号」を検知したそうだ。この望遠鏡は、地球外生命体が存在する証拠について観測を行っている。 ちなみに望遠鏡は、ロシア南部のゼレンチュクスカヤにある。 似たようなことを行って ...

ゾンビ遺伝子の発見

細胞レベルであるが、どうも死んでから目覚める遺伝子があるらしい。 米ワシントン大学微生物学のピーター・ノーブル教授らによって論文が発表された。現在、査読待ちとのことである。 一体どういうことなのか。 ...

人と植物の細胞の融合

大阪大学および鳥取大学らの研究グループが人と植物の細胞の融合に世界で初めて成功したそうである。 植物と動物は、共通の祖先から約16億年前に枝分かれして異なる進化をたどっている。 今回の検証は、人の細胞 ...

Copyright© SFと科学とテクノロジーとオモシロイモノ , 2017 AllRights Reserved.