科学(宇宙、物理学、数学)

巨大ビルサイズの小惑星、実は地球とニアミスだった

投稿日:

NASAによると2017年2月に小惑星「2015 BN509」が地球のすぐそばを通り過ぎたそうだ。

ただ「すぐ近くを通り過ぎた」だけなら今までもたくさんそのようなことがあったが、軌道が地球に衝突してもおかしくない軌道だったようだ。

小惑星「2015 BN509」は、幅、長さ200mということである。

巨大なビルくらいの大きさだ。

この小惑星がもし、地球に衝突した場合、1つの国が壊滅するくらいの威力となる。

恐ろしいことだ。

この小惑星、小さいが故に惑星の引力の影響を受けやすく、軌道が変わる可能性がある。

今回は、ニアミスだったが次回は、地球に衝突する軌道になるかも知れない。

SFの世界では、軌道をずらすアイデアはあるが実際には難しいだろう。

NASAでは「Scout」と呼ばれるシステムを導入している。

小惑星の早期衝突警告システムである。

NASAでは、地球に衝突する可能性がある小惑星をリスト化しているが、その80%は、軌道の予測が不可能な状態である。

 

小惑星が迫った地球を救う映画「アルマゲドン」

アルマゲドン [Blu-ray]

 

 

スポンサーリンク

おすすめ記事




-科学(宇宙、物理学、数学)

Copyright© SFと科学とテクノロジーとオモシロイモノ , 2017 AllRights Reserved.